ライターという仕事

ライターは「文章を創る」人

言葉は、伝いたいものごとを最も正確に表現できる道具です。

対象となる人の思いや考え。
会社・商品・事業の価値や魅力。

心の中で思っていることがあっても、それを誰かに伝えるためには、
まず言葉によってその価値を目に見えるようにしてあげる必要があります。

言葉を与えることによって、
それまで自分では気がつかなかった新たな価値に気づくことさえあります。

言葉は、誰にでも使えるものだと思われるかもしれません。
しかし、人に伝わる文章を創るには、それなりの訓練と技術を要します。

絵筆があれば、誰にでも「絵」は描けますが、
「絵画」「イラスト」を描くことはできません。

ピアノがあれば、誰にでも「音」は出せますが、
「曲」を弾くことはできません。

言葉も同じです。

ペンがあれば誰にでも「字」を書くことはできますが、
「文章」を簡単に創ることはできません。

言葉は誰にでも書けるものだからこそ丁寧に扱わなければならず、
下手な扱い方をすると、かえって意図しない伝わり方をしてしまう危険なものでもあります。

そうした言葉の持つ力と危険性を理解し、
第三者としてものごとの価値を最大限に引き出すことが、ライターの仕事です。