悠樹渡辺の記事一覧

お知らせ

誠実な文章を書く医師・小鷹昌明先生

立川談志が、ある独演会のまくらで語ったこんな言葉が好きだ。「あたしはね、常に自分が間違ってるんじゃないか、って考えてるんです。こういう人間は正しいんじゃないですか? ……違うかね」 最後の「違うかね」が絶妙です。さすが天才的な噺家。さらっと、茶目っけでうまく〆ています。 さて、福島県南相馬市の医師、小鷹昌明...

お知らせ

【映画】「ソナチネ」名シーンを語りたい

「村川さん、やめてくださいよー」で有名な、北野武監督の『ソナチネ』です。観てない方にはなんのことかさっぱりでしょうが、一度観たら頭から離れない名シーンです。ヤクザの怖さが生々しい。 自己満足の映画評をします。 北野監督が描く「ヤクザ」 『HANA-BI』でヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞を受賞して以来、「世...

お知らせ

【医療】公衆衛生学による自殺対策

秋田県の自殺対策をテーマに、秋田大学大学院医学系の公衆衛生学講座を取材した記事がm3.comにて公開されました。 【秋田】民・学・官連携の「秋田モデル」が自殺対策基本法制定につながった-秋田大学大学院医学系研究科公衆衛生学講座に聞く◆Vol.1 今は新型コロナウイルスの問題で「公衆衛生」という用語の認知が広...

お知らせ

「ネガティブ・ケイパビリティ」新型コロナウィルスの世界に対抗する思考能力

帚木蓬生『ネガティブ・ケイパビリティ 答えのない事態に耐える力』を読みながら、ネガティブ・ケイパビリティが現在のコロナ禍に必要な概念であると思った。その備忘録として記す。 ネガティブ・ケイパビリティとは ネガティブ・ケイパビリティとは、答えが出ない、またはわからない状態の不安や気持ち悪さに耐え、課題として抱...